テーマ:独り言

彷徨

彷徨って 留まり 抱え込んで 食い荒らして 置き去りに すべて 足跡にしてしまおう 『黒歴史』 などとは言わない 戻るべき住処は 此処…  なのか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NETの海を漂って

 ここに居なかった間も NETの海を漂い   時には流れ着いた先で しばし佇み  遠吠えを響かせ 彼方の声に応え    かすかな触れ合いに こころ躍らせ…  が すべて虚しくなって   触れ得るものを求めて  猛り貪った日々もあり  ようやく わたしの住処は  この場所だ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

帰宅

 本日 帰宅いたしました。  激動の日々を送っておりましたが ようやく静謐な時間を手に入れ  またここで思いを綴ることにします。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

停止します

昨年の夏より 書き込みを控えておりました。 あまりにも大きな変化の中 自分を見失いそうになりつつ なんとか持ち直してきました。 ここでの記事はこれで停止いたします。 消すことは考えていません わたしと コメントをくださった皆様 閲覧していただいた皆様との記録を残しておきます。 新たなブロ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

一人で立つのは限界か?

ずっと一人で立ってきた。 経済的な面では支えられ 支えあった時期もあったが。 精神の部分での支えなど皆無に等しかったのだ。 若さの勢いに任せて 己の力を信じて 背負うものの重みを励みとして これまで立ち続けてきた・・・ 感じている 限界が近づいてきたのを。 このままでは きっと折れる 今は縋るものが欲しい だか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猛獣使い

 お互いに心の中に猛獣を閉じ込めている  でも猛獣の種類は違う 飼いならし方も もちろん違う  だから 食い違うことがあって当然  これは以前わたしが想い人へ送ったメールの一部。  わたしたちは深い傷が 治らない傷が生み出した  いつ暴れるとも知れない「猛獣」を  鎖で繋ぎとめ ムチをふるいながら …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

声を

 あのひとの声を知らなかった。  文字から浮かび上がる印象を  心の中で練り合わせ  幻のままに そっと抱き寄せていた。  突然の申し出に 不安をおぼえつつ  呼吸を整えることもできぬまま  ボタンを押した。  繰り返す呼び出し音  10回をすぎ ようやく聴こえた声は・・・ …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

未消去

   断ち切った  ・・・はずなのだが  モノは消えても  思念は残っている    早く 塗りつぶさなくては  いや  瓦礫に埋めてしまおうか  深く厚く うずめれば  かつての生活の名残を処分した  目の前から消えたはずなのだが  記憶は消…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二年が過ぎて

 このブログを始めて 早二年が過ぎた。  初めの頃の勢いは消え 更新は滞っている。  そもそも書き残しておきたかった  「アダルトチルドレンができるまで」は途中で止まっている。  最近また囚われている感情があって  そのことを書くか 迷っている。  「書いて楽になれるのならば・・・」  「自分で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そらのいろ

 最近 当地では夕焼け空を愛でることができない。  鈍いオレンジ色は すっと暗い蒼に変わり  星まばらな濁った黒へ。    携帯を掲げ 気に入ったアングルを探す喜びは  封印したまま。  今 真昼の空は 高くあるのだろうか・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おもいではおっくせんまん

 歳若い友人に教えてもらった動画  『おもいではおっくせんまん』  若い人でも沁みるのに  折り返しを過ぎた身には・・・  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

贈られたものは

   TOKIO ―宙船―    MDを貰った    「贈らせてください」との言葉とともに。    なかなか凝った選曲で    You tubeのアドレスまで添えて。        迷い立ち止まっているのを 見抜かれたか             
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うろこ雲

                昼休み                 ふと見上げた空は                 うろこ雲におおわれ                 やさしい色の秋の                 深まりを告げていた  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっと一息

 先月後半から続いていた 多忙な日々  此処は放置して ひたすら仕事にのみ頭を。  やっと 一息つける状態に辿り着いた。  休日は睡眠時間に奪われ  溢れんばかりの欲望  堤防が決壊する前に ようやく着いた目的の地。  さあ 観る 聴く 書く  思うがまま
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

模様替え

 気分一新のために 模様替え  2カラムから 3カラムに  ブログパーツを減らし  トップページを変えてみた。    最近体調がすぐれず  下を向きがちであったが  これで少しは・・・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ぬくもりがこいしい

 ぬくもりが 恋しい  いや 「ひとの」ではなく  「けむくじゃらのいのち」の。  気候のいい頃なら 休日の夕べに散歩に出れば  気のいい犬たちに逢える。  しかし この猛暑の続く日々 夕べに逢うことはまれだ。  たぶん 星が空にある時間  そっと散策をしているのだろう。    ふれるこ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

つながり

 先日の「さがしもの」  思っていた以上のものを 手に入れた  同じものをふたつ  ひとつは 手元に  ひとつは 想い人へ  そばにいなくても   遠く離れてはいても   寄りそっている  このつながり  最後の褒美か・・・?        
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ある日のそら

 ケータイを替えました。  今回のものは  縦長の写真を撮れます。    そして  これから  ゆっくりと  再開します。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

低迷 停滞

 前回に記事を書いてから  気がつけば 一ヶ月ほど経っていた。  気分の低迷 健康状態の悪化  リアルの生活でのトラブル頻発・・・  このまま黙ってここから立ち去ることも考えていた。  いや 今も考えている。    答えをだすまでは  ここで愚痴をこぼそうか・・・  
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

愉しみ

 手紙を書こうと思う。  まずは便箋を選ぼう  どの店で買おうか  できるだけ たくさんの中から選びたい。  やさしい色がいいかな  手触りはなめらかで 厚すぎず薄すぎない紙で。  ペンはどうする?  水性 油性 細字 太字・・・  インクの色は 何がいい・・・  どんな言葉を綴ろうか  思いのたけを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満月

                月に群雲(むらくも)              完全なるものよりも              わたしが              心惹かれるのは              わずかに欠けたるもの  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手紙は

 メールは便利だ  ネットで すぐに届く   返事もすぐに送られる。  手紙は人の手を介して届けられる  時間はかかる。    ただ 手紙だけに出来ることは  ぬくもりを届けることだと思う。  手書きの文字が伝えるそのひとの性格 そして想い・・・  先日受け取った手紙は  かけがえのないものになった。  愛…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

午前4時

 午前4時  まだ闇の中   銜え煙草で外に出た  灯火は少ない  月は見えない 星は数えるほど    こんな時刻  動くのは配達の仕事の人々  そして けものたち  数少ないが 眠りの世界に入れない 入らない者たち  かつて こころ躍らせた時間  いまは ひとり     
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々にゲームを

 先日 探し物をしていて見つけた。  ワンダースワンとゲームソフト  最近は醒めていた情熱が再び燃え上がった。  攻略本は揃っている  電池の買い置きも豊富^^  目薬は常備してある(疲れ目用が) 時間は豊富に。  かつて据え置き型機でプレイしたものの移植版だが  あのころの昂揚した気持ちは忘れてはいない  そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

育む(はぐくむ)

   かつてここに移り住んだ頃  窓から見える雑木林に心和ませた。  刻の流れは かつてここには存在しなかったものをも大きく育み  林は鬱蒼とした森へと姿を変えた。  時は育む。  かつて背負わされていたものは 崩れ去り  待ち焦がれたものは 今腕の中に。  肥大した漆黒の憤怒を  焼き尽くす灼光は  わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二日間

 今回の記事は 気分を害されるかもしれません  それでもかまわないという方のみ お進みください。    ただ愚痴を書き連ねているだけです  書くことで鬱憤をはらそうとしただけです。   …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

見えないものこそ 聞こえない声こそ

 人はすべての感情・情報を表に出してはいない。  思いのまま ありのままのことを口に出したり  文字に表すことは 時には争いを引き起こし  周囲の者を傷つけるだろう。  「行間を読む」 「推し量る」ことは 人の世を生きるための  大切なスキルだ。  「見えないもの」「聞こえない声」こそ 深く強い。    最近 周…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分のために

 何も予定の無い休日  家の用を済ませたあとの空白の時。  話す相手はなく 音を聴く気にはならず  字を追う意思はなく 眼に映したいものもなく。  光を遮り 眼を閉ざす。  ただ思う  過ぎていった日を  やがて迎え来る日を。    自分のために やりたいことはあるのか?  いままで抑え込んでいたものを …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more