猛獣使い

 お互いに心の中に猛獣を閉じ込めている
 でも猛獣の種類は違う 飼いならし方も もちろん違う
 だから 食い違うことがあって当然


 これは以前わたしが想い人へ送ったメールの一部。

 わたしたちは深い傷が 治らない傷が生み出した

 いつ暴れるとも知れない「猛獣」を

 鎖で繋ぎとめ ムチをふるいながら

 そして懼れながら 日々をやりすごしているのだ。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック